SOTO レギュレーターランタン ST-260 2018-01-28 キャンプ コメント:0

キャンプで使っているランタンは次の四つ。

LED
GENTOS EX-777XP
Snow Peak たねほおずき

灯油
フュアハンド ベイビースペシャル276 ジンク

ガス
レギュレーターランタン ST-260

たねほおずき以外はキャンプをし始めてから購入したものです。このうちSOTOのレギュレーターランタン ST-260、ホームセンターで購入できるランタンで、ガスランタンの中ではお安い部類
ボンベを横に付けるので場所を取るのと、ランタンフックに吊るせないのが欠点と言えば欠点ですが、燃料はカセットボンベとランニングコストが低いのでお気に入りの一品です♪

ただ唯一の不満がコチラ↓
使っているとすぐサビサビになります( TДT)

道具はピカピカじゃないと嫌だ!と言う方にはおススメしません○┓ペコ
そもそも、道具はピカピカじゃないと嫌だ!と言う方は、キャンプ自体お勧めしません。
ただ、これはいくらなんでも使っている金属が弱すぎでは!?

なお、巷の噂ではSOTOのマントルは弱いらしいです。しかしそんなことはありません。買って数か月、出動回数10回以上になりましたが、いまだに交換していません。
ただし、マントルは振動に弱いとのことなので、私は新聞紙などクッションになるものと一緒に購入時の箱に入れた後、立てて運んでます。

貧乏くさい?

冬のキャンプの道具積載 2018-01-25 キャンプ コメント:0

秋のソロキャンプの積載はこんな感じでした↓

冬のソロキャンプではこんな感じです↓

変わったところは石油ストーブ(6~8畳用)とポリタンク(5ℓ)、灯油ポンプが追加となっています。この日はコットと大き目の椅子を載せていません。夏は焚き火関係の道具とストーブ、その他寝袋などが必要ないのでもっとすっきりしそう。上の写真の手前の一列とストライプ柄の寝袋がなくなります。
ただ20ℓのクーラーボックス一つでは容量不足を感じていたので、追加するか大きなのに替えるか思案中です。

YouTubeでキャンプ動画を見ていると、SUZUKI アルトに道具を詰め込む様子を紹介されている方がいらっしゃいました。

これは凄い!と感心したと同時に、車がテントに直付けできるオートキャンプかつ晴れの日じゃないと大変だぞ~と思います。車と道具置き場まで何往復されてるんでしょう?

他の方もそうしてるのだろうと思いますが、収納ボックスに、出来るだけ詰め込み車までの往復回数を減らすよう(精々10回程度)心掛けてます。
特に積載量が小さい軽自動車では、キャンプに持っていく道具は必要最小限、使わないものは持ち出さないことが重要なのですが、なかなか思い通りにいかないのが面白いところです(^^;

サーカスtcの不満はこれで解決!? 2018-01-22 キャンプ コメント:0

メインのテント、サーカスtc
気にいってますが、もちろん幾つか不満もあります。

その一つが、中から開け閉めしづらい事です。
ファスナーを一番下にした状態から開けようとすると、身体をかがませ手を伸ばさないと届きません。これがかなり大変orz

なにかいい方法はないものかで調べていると、こちら(くらしんさんのインスタ)を発見!アイデアをパクってみました♪

材料

丸棒90cm1本
ヒートン2個
ナスカン1個
ピンチ1個

ホームセンターと100均で揃えました。総額500円くらいだったかな?

製作時間は約5分、まずはテストでいい感じ
改良の余地はありますが、取りあえず成功ですヽ(´ー`)ノ

高坂自然休養村キャンプ場【広島県】(キャンプ201802) 2018-01-21 キャンプ コメント:0

羽高湖(はたかこ)森林公園キャンプ場(府中市)は我が家から下道で100kmほどとかなり遠いです。通うには時間とお金コストパフォーマンスに問題が・・・
そこで今回は三原市の高坂自然休養村キャンプ場。片道約80kmと羽高湖と比べて往復40km、走行時間約1時間の節約♪
そして使用料は無料!!(ここ大事)

紅葉で佛通寺に行ったときこれは青少年自然の家?かと思ったのですが、自然休養村(きゅうようそん)という施設だったんですね(^^;
下の看板や観光協会の情報では広大なキャンプ場に見えますが、実はこじんまり

まずは管理棟(9時~17時)で受付し、カギを借ります。

キャンプ場に行くにはこのゲートを突破します。
バイクなら横からすり抜け可能♪

この日は一番乗りなのでカギは1番でした♪
カギは翌日管理棟へ返しに行きます。時間内なら管理人さんがいらっしゃいますが、不在の時、カギはどう返却するか?受付の時教えてくれますので心配ご無用です。

狭い道を暫く走ると到着

駐車場(砂利敷)はこんな感じ
テントサイトは藤棚のある上の段と洗い場のある下の段に分かれています。

観光協会のHPでは200人収容って炉は20基って書いてますが、200人なんてとても無理
テントは10張り張れるかどうかってところです。
洗い場はこんな感じで水道とのこと・・・凍結防止の装置がついてるようで真冬でも使用可能
ただ物を置くところがないので炊事場としては使えません。

受付時管理人さんは「大したものないけど・・・」なんておっしゃってましたが、トイレは立派
水洗で身障者用(洋式)もあります。障害はある私にはありがたいです。

男子トイレはこんな感じ、こちらは和式です。

観光協会のHPでは200人収容って炉は20基って書いてますが、炉は3基

しかも使用不能な感じ( TДT)

街灯はありますが、暗くて夜はほぼまっくら

こんな注意書きがあるのに
焚き火の不始末が・・・

そしてごみが結構放置されてます・・・聖湖、羽高湖、三倉岳では見なかったので残念
キャンパーのレベルは低いかも

写真には撮らなかったけれど、靴が片方落ちていたのにはビビりました(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

気を取り直して、羽高湖ど同じく湖いや池が近くにあります。

飛行機が頻繁に通過しますが、それ以外は静かでのんびりできました。
この日は駐車場傍にテントを張ったので、オートキャンプ状態
ただ地面が砂利敷なのでやわなペグは役に立ちません。


この日は私込みで3組IN
到着から暫く一人ボッチで今日は完ソロじゃ~と期待してましたが、コレ↓やあちこちに掘り返したあとを見たら、完ソロじゃなくて本当に良かったです。

なお、山の中のキャンプ場なのでスーパーやコンビニは近くにありませんから、買い出ししてから突入しましょう○┓ペコ
(2018年1月20日~21日)

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

羽高湖森林公園キャンプ場【広島県】(キャンプ201801) 2018-01-07 キャンプ コメント:2

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。○┓ペコ
昨年はいろいろありましたが、今年はどうなることやら?・・・なお、昨年の病気により残った障害を取り除く手術が9月にあり、ひと月ほどまた入院することになりますので、その頃は更新をお休みします。

さて年末年始の帰省では、カメラを持って帰らなかったので記事はありません。そんなわけで2018年最初の話題は写真そっちのけで嵌っているキャンプ(1月6日~7日)から♪

(※縦横比1:1の写真はインスタ用に撮影したもの)

今回は、府中市羽高湖(はたかこ)森林公園キャンプ場、昨年11月末以来の再訪です。土曜日(1月6日)の昼前に到着。
こちらのキャンプ場は年末年始が休業だったので、この土日は2018年最初の休日でしかも三連休、キャンプ初めということで賑やかなのかな?と思いきや・・・

まさか?の一番乗り(^^; ちなみに、最終的にこの日は私以外に3組いらっしゃいました。

テントはテンマクデザインのCIRCUS TC、大き目のテントでの冬キャンプに対応すべく、こんなものを持参してみました♪

オシャレキャンパーさんなどは、フジカハイペットやアルパカ、トヨトミのレインボーストーブだったり、薪ストーブなんかをお持ちなんでしょうが、取りあえず寒さをしのげればいいやな私には、ホムセンで安売りしてたやつで充分!

そして翌朝7時でこんな感じ↓

朝3時、4時はもっと冷えてたかもしれません。

記事をアップしているということは凍死することなく無事だったわけであります。寝床はこのような感じでセッティングしました。

下(地面)から
1 ビニールシート
2 レジャーシート Coleman
3 コット Onway
4 マットレス THERMAREST
5 フリークロス(しまむら)
6 寝袋(封筒型)Coleman
7 寝袋(マミー型)mont-bell

なお、寝袋はマミー型を封筒型に入れて寝ます。まずストーブを消して寝たところ、背中・下半身・足先が寒くて熟睡できず・・・その後、重ね着、ストーブ点火でなんとかといったところでした。足先の冷えは想定外でした。頭寒足熱?
テント内での火気使用は一酸化炭素中毒の危険性があるので、自己責任となりますが、閉め切って(上部のベンチレータはOPEN)も隙間風は入るし、通気性の良いポリコットン素材のせいか特に問題なしでした。というか家で使っているのと比べる温まらないです。
なお、この生地は雨が降ったりするなどで濡れると、目が詰まるらしいのでそういう時は閉め切らずに換気すべきだと思います。

さて、昨年12月の三倉岳県立自然公園キャンプ場【広島県】と今回で2回冬キャンプを体験して思ったことですが、他の季節と比べて荷物が多くて大変な割には楽しくてしょうがないってことはなかったです。凄い景色が目の前に広がっているということもないし寒いのが苦手なんで、テントの入口を閉めてかなりの時間を過ごしたのですが、これなら家に居るのと全然変わらん。。。いや家の方が暖かい、荷物を運ぶ必要がないから楽だよな~~なんて思いながら過ごしてました。雪が降ったりするとまた違うのかもしれませんね。ただ雪が降るとまず出かけません(^^;

(2018年1月6日~7日)

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報