冬のキャンプの道具積載 2018-01-25 キャンプ コメント:0

秋のソロキャンプの積載はこんな感じでした↓

冬のソロキャンプではこんな感じです↓

変わったところは石油ストーブ(6~8畳用)とポリタンク(5ℓ)、灯油ポンプが追加となっています。この日はコットと大き目の椅子を載せていません。夏は焚き火関係の道具とストーブ、その他寝袋などが必要ないのでもっとすっきりしそう。上の写真の手前の一列とストライプ柄の寝袋がなくなります。
ただ20ℓのクーラーボックス一つでは容量不足を感じていたので、追加するか大きなのに替えるか思案中です。

YouTubeでキャンプ動画を見ていると、SUZUKI アルトに道具を詰め込む様子を紹介されている方がいらっしゃいました。

これは凄い!と感心したと同時に、車がテントに直付けできるオートキャンプかつ晴れの日じゃないと大変だぞ~と思います。車と道具置き場まで何往復されてるんでしょう?

他の方もそうしてるのだろうと思いますが、収納ボックスに、出来るだけ詰め込み車までの往復回数を減らすよう(精々10回程度)心掛けてます。
特に積載量が小さい軽自動車では、キャンプに持っていく道具は必要最小限、使わないものは持ち出さないことが重要なのですが、なかなか思い通りにいかないのが面白いところです(^^;

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する