FC2ブログ

オストメイトなってみて(入院顛末 ラスト) 2018-10-21 つぶやき コメント:2

人工肛門(ストーマ)を造設し、オストメイトとして過ごした1年数か月、一体どうだったか書き留めておこうと思います。

1 経済的負担
前回の記事に書いてある通りパウチ代など金銭が追加で掛かります。私の場合は月に最低で3,900円。なおオストメイトは障害者手帳交付の対象でパウチに対する補助金が出るから経済的な負担は無いのでは?と思われるでしょうが、障害者手帳の対象となるのは一生オストメイトとして生活しなければらなくなった場合でして、私のようなその後閉鎖するといったケースは対象となりません(手帳は一度もらうと返せないものらしい)。また、排泄のコントロールが効かないのでパウチの張り替え途中便が出てきたりします。私の場合、張替えついでに風呂に入り上がって身体を拭いているとストーマから駄々洩れ・・・バスタオルを何枚買ったことかorz

2 精神的負担
これがホントにきつかった。。。(´Д`|||)
私は期間限定でいずれはオストメイトでなくなることが分かっていたから我慢できましたが、一生となると耐えられたかどうか分かりません。
まず目が覚めると同時に腸が動き始め、便がパウチにどんどんたまっていきます。夜中に目を覚ますとそれからはパウチが剥がれるのが不安で二度寝することはできず寝不足でした。通勤途中や仕事中に剥がれたらえらいことになります。気が休まらなかったです。いい年して出社拒否になったことも何回かありました。休日でも出かけた場合は水洗トイレの場所に気を付けながら行動していました。
あとは災害が起こった時、パウチが入手できなくなったらどうしようとか、外で処理するための道具一式を常時携帯しなければならないわずらわしさなど、何事につけてひと手間かかるのが本当に嫌でした。

3 良かったこと
オストメイトになると嫌なことだらけでしたが良かったことも実はあります。普通冷たいものを飲みすぎたりするとお腹を下してトイレと部屋を行ったり来たりみたいなことがありますが、オストメイトだった間は一度も腹痛を起こしませんでした。気を付けていたということもありますが、お腹が痛くなる前に便がパウチに直行していたためだと思います。

2回の手術や1年数か月のオストメイト体験はとても貴重でした。ただし、二度と経験したくないのが本音です。(終わり)

関連記事

コメント

ABB-KBBさん おかえりなさい。
待ってました。いきなり素晴らしい写真を見せて頂き流石だなっと
感心しきりです。あまり無理をされないで体調と相談しながら行動
して何時までも素晴らしい写真を見せて下さい。
  1. 2018/10/21(日) 22:02:18 |
  2. URL |
  3. 次男坊 #CypioHoQ
  4. [ 編集 ]
>次男坊さん
ありがとうございます○┓ペコ
今回の手術で一応完了。腸が通常より少し短くなったのがどう影響するのかそうぞうもつきませんが、とにかくお腹に優しいものを食べて行こうと思っています♪
写真の方は体調もそうですが、そろそろ親の介護ということも考えないといけない年になったのでどうなることやらです(´Д`|||)
  1. 2018/10/22(月) 06:43:59 |
  2. URL |
  3. ABBKBB #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿