FC2ブログ

大浦崎キャンプ場【広島県】で2019年ラストキャンプ(テントなども紹介) 2019-12-23 キャンプ コメント:0

2019年(令和元年)15回目のキャンプ、今年のキャンプ納めは我が家から約45kmと比較的近場の大浦崎キャンプ場(大浦崎スポーツセンター)(呉市)でした。

この日のテントは少し前に購入したテンマクデザインのサーカス300STというワンポールテントです。
テントは既に4張りも持っていて元が取れないのに&必要ないはずなのに何故また買ったのかというと、以前から欲しかった、廃番になったからもう手に入らない、一番の理由が廃番特価51,480円→32,800円(税込み)で安くなったので(かなり悩んで)ポチっとな♪

扱いは流通在庫のみなので、今更レビューしたところで何の役にもたちませんが、ググっても情報が少ないので軽く紹介します○┓ペコ

まずワンポールテントで人気のサーカスTCと収納状態を比べてみました(上:サーカス300ST(以下ST)、下:サーカスTC(以下TC))。なお、STは開封前で、中のテントが綺麗に折りたたまれている状態です。
TCは約11㎏、一方STは約14㎏。その差は3㎏ですがSTはとても重く感じ、そして長いです。

設営後の外観はコチラ↓
色はグレー、形は4角錐(TCは5角錐)です。

特徴的なのがまず入口の庇、これでは多少の雨なら濡れずに出入りできます。なお、入口の一か所のみに付いています。

そして四辺が60㎝ほど立ち上がっており、このおかげでワンポールテントのデメリットであるデッドスペースがほぼありません。

サイドの2面に大きなメッシュ、3面の庇の下もメッシュがあります。また背面のはメッシュに加えてオープンにすることができます。これらにより風通しが良いので夏は涼しく過ごせそうです。

ペグは全か所に使うと23本必要、このためTCより設営時間は長く掛かります。

オシャレキャンプに程遠い内部の様子はコチラ↓
1辺310㎝の正方形の床に手持ちのレジャーマット、ラグ、ブランケットを敷き詰めています。ソロで使うには少々広すぎかも?

出入りする際、TCは地面近くまで手を伸ばしてファスナー開閉しないといけません。結露で幕が濡れているときは服が濡れて嫌な気分になります。一方STではそんなことは皆無です。
また、TCにはメッシュがないので虫の時期、開けっ放しにすると大変なことになります。STはご覧のとおりメッシュになりますから虫対策もOK

総じてSTの方が私は使いやすいと感じました。

ちらっと写ってますがこの日の夕食は、キムチ鍋(^^;

石油ストーブを持ち込んでぬくぬくです。もちろん換気はしっかり行ってます○┓ペコ

センターポールを挟んで反対側は寝床スペースにしました。
オンウェーのハイコット、モンベルの寝袋(バロウバック#0)にコールマンのフリースなんちゃらを入れてます。

5角錐のTCはその形ゆえ、レイアウトが毎回しっくりいかず、そこが悩みの種でした。一方、STは真四角なので机、椅子、コットなどの配置が楽です。床面積はTC(約12.5㎡)より狭い(9.6㎡)ですが、デッドスペースが無い分、広く感じます。TCは大人二人がギリ、STは大人二人でも余裕です。人気幕でないので被ることが少なく、今後出番は多くなるであろうサーカス300STの紹介は、これぐらいにしてお次はコチラ↓
11月に焚き火台を追加購入しました♪ユニフレームのUFファイアポットです。

これまでよく使っていたのは同じメーカーの薪グリルでした。
焚き火で調理が出来るなんて素敵という訳で買ったけれど、パーツは追加のロストルウォールを入れても4つなのに、組み立て、分解が面倒、おまけに重いので、もっと軽くて簡単にセットできるのにすれば良かったなあでした。
とはいえ結構お高い焚き火台、壊れそうにないけど壊れるまで使い倒すつもりでしたが、薪受けというパーツを9月上旬に聖湖キャンプ場に忘れてしまい、気付いたのは10月上旬の土師ダムキャンプ場、流石に無くなっているだろうでで急遽購入です。なお、無くなったと思っていたパーツはその後11月に聖湖キャンプ場に行ったら置いてありましたヽ(´ー`)ノ

この焚き火台、三つの足を出したらセット完了とめちゃ簡単、おまけに軽くて持ち運びも楽です。

燃焼効率が良いので、火が付いたらあとは上から薪を入れるだけと、ものぐさな私にはぴったりな一品
こういう形状ですので薪を燃やすことだけに特化しており、料理はおろか、お湯を沸かすこともできません。

薪グリルでは燃えカスが残りますがファイアポットは灰が残るだけなので後処理も楽です。1万5千円は高いですが長く使えそうなので元は取れそうです。

肝心のキャンプはというと、この土日は5組が泊まり(ソロ×3、デュオ×1、ファミリー×1)、食材を入れたクーラーを積み忘れるというあり得ない大チョンボをやらかしたけれど、キャンプ場近くの藤三で買い直せたので無問題。持ち物チェックリストを作らないといけませんね(^^;

平和な時代に感謝です。
(2019年12月21~22日)

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

岩倉ファームパークキャンプ場【広島県】 2019-12-08 キャンプ コメント:0

広島キャンパーの聖地と呼ばれる岩倉ファームパークキャンプ場
ハイシーズンだと激込みでキャンプ場だか中古車展示場だか分からんくらいになるほど人気のキャンプ場ですが、ここでキャンプをするのは実は初めて(^^ゞ

突入したのは金曜日の午後2時ごろ、昼から休みを取っていきました○┓ペコ
なお12月16日から冬季閉場です。

中学生以上一泊一人800円
渡された紙が良く見えるようダッシュボードに掲示する仕組みです。

人気のキャンプ場ですが、12月の平日なのでガラガラ・・・下の写真は翌日の朝の様子です。

結構大きなキャンプ場でして第1キャンプ場、第2キャンプ場、芝広場キャンプ場、第3キャンプ場というふうに分かれています。
第3キャンプ場以外は車の乗り入れが可能

事前調査では芝広場が一番人気

芝広場なのに地面が土の所を敢えてチョイス
枯芝が着くのと、朝露で濡れるが嫌だったからです。

トイレや炊事場が綺麗
コイン式シャワー、自販機あり
少し走れば温泉やコンビニ、スーパー、ホームセンターなどありで便利ですから、人気なのも頷けます。

敢えて難点をあげるとしたら、景色がイマイチ
ここさえ良かったらホームキャンプ場にするのですが、私はやっぱ土師ダムか聖湖の方が良いかなぁ・・・

(2019年12月6日・7日)

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

土師ダムファミリーキャンプ場でソロキャンプ【広島県】2019 2019-05-29 キャンプ コメント:0

本年5回目、月一の目標はクリア中です。
今回は、土師ダムファミリーキャンプ場(安芸高田市)にしました。一人一泊600円だけど、ガソリン代と移動の時間を考えたらここが最もリーズナブル
柳瀬とか南原とか無料のが我が家から、さらに近くにありますがトイレとか幽霊とかで泊まりはパス(ヘタレ)

この日はウッドデッキに張ってみました、ヴィガスだと長さがピッタリというかギリギリです。

この土日は連日30度越えの暑さなのでメッシュにしています。木陰で風が通り抜けるのでとても心地よかったです。昼寝堪能

中はこのような感じ↑
インナーとコットは入れてません。
ヴィガスは後ろがメッシュにならないので閉めると風が通らず暑い、開けると虫が入り放題のため、ポップアップのメッシュシェルターを入れました。
ソロで使うにはこのテント、ちょっと大きすぎるかな?です。

設営後ノンアルで乾杯、遅めの昼食

貧乏人の味方、ラムーの総菜ですヽ(´ー`)ノ

夕飯はトマトとカレーライス(写真はなし)

炭火でシシャモを焼きます。(シシャモも安かった)

お酒はこれだけ・・・下戸なのでこれだけで充分

メインはコチラ↓
給料日前で金欠のため、安く上げようとしましたが、このお肉は合わず・・・

牛にすれば良かったな~と思いながら焼きました○┓ペコ

拾ってきた小枝で焚き火タイム。。。暑くてあんまり楽しめず
焚き火はしばらくお休みです。

朝食はコチラ、ホットサンドとトマト(トマトが好物)

コーヒーで〆

この日は32張りのテントなどがありました。キャンプ場は広いので、すぐ隣みたいなことはなく、傍を江の川が流れているのでその音で少々の雑音は聞こえません。
静かに過ごしたい人にはおススメのキャンプ場です。難点をあげれば、トイレが遠いことぐらいでした。

家から1時間もあれば着くので今後もちょくちょく使うつもりです♪

(2019年5月25~26日)


テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

聖湖キャンプ場で令和初のソロキャンプ【広島県】 2019-05-05 キャンプ コメント:0

10連休も残すところあと1日!前半5日間は実家(今治市)に帰省、後半5日間は遠出することもなく広島で休みを満喫中です♪

さて、テレビなどで度々取り上げられているのでお存知の方も多いと思いますが、キャンプがブームになっているとのこと・・・本当にそうなのか?マスコミに踊らされているだけではないのか??
検証のために、聖湖キャンプ場(北広島町)で5月2日~4日、2泊3日のソロキャンプをして参りました。本年第4回目のキャンプとなります。

キャンプブームでなくともGWなので早く行かないと場所が無さそうで7時台には着、最奥エリアのフラットな所に無事設営して、場内偵察
人気の入口近くは11時でこの有様でしたΣ(゚Д゚;エーッ!?

4日の朝、同じエリアを反対側から見るとこの状態。テントとスクリーンタープ(オープンタープは除く)で24張り、道を挟んだ反対側のエリアを入れると34張り
これまで何度か聖湖キャンプ場でキャンプをしてますが、見たことのない数のテント・・・斜面にまでワンポールテント(メガホーン)が設営されてます。キャンプブームって嘘じゃない本当だったんだΣ( ̄ロ ̄lll)

なお穴場のデッキエリアは割と余裕あり♪

一泊目はキャンパルジャパンのヴィガスです。
暑いのでメッシュにしたため中が丸見え(^^;

このテント、一人で設営しようとすると、とても大変です。エンドピンにポールの端がなかなか入らず、力任せにやると曲がり癖がつきます。
あと2~3cmポールが短ければなぁといつもイライラ・・・気が短いので2本のポールもそれぞれ2.5cmずつカットし短くしました○┓ペコ

結果は大成功♪設営がとても楽になります。自分の場合、もうちょっと長くカットしても良かったかも?です。
中はこんな感じ↓ソロで使うと広々です♪

インナーを付けずシェルターとして使用しました。結露しますが、いい天気との予報でしたから、すぐ乾くだろうと予想してます。

なお椅子はスノーピークのローチェアを初投入
高いだけあっていい椅子です。椅子はもう買わんぞ!!

久しぶりにメスティンで炊飯(上手く炊けました)

今回のキャンプでは耳栓↓が必須アイテムとなりました。というのもファミキャン多数、ガキもといお子さん多数、兄弟げんかや親に叱られて泣き・・・以下省略

夜は焚き火~~

そして朝
2日とも放射冷却のせいで冷え込み、フロントガラスが凍りました。

2泊目はこちらのテント↓

YARI3×3です。これでPANDA、サーカスTCに続き3つ目のワンポールテント
ヴィガスを入れると4つ目のテント・・・元を取るのに一体何泊すればいいんだろう?

設営に当たっては自作設営ガイド↓を使わず、Alpine DESIGN (アルパインデザイン)の290cm×290cmのグランドシートを設営ガイドを兼ねて使用しました。

余談ですが、入口2か所ともダブルファスナーです。

聖湖キャンプ場は広い割にフラットな所が少なくて、斜面に張られている方が多く、それを眺めるのも楽しみの一つです(通称 アクロバティック設営選手権)。

今回ブッチギリの優勝はこちらの方でした↓

(2019年5月2日~4日)

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

再び 大浦崎キャンプ場(大浦崎スポーツセンター)【広島県】 2019-02-19 キャンプ コメント:0

本年3回目のキャンプは、先週に引き続き大浦崎キャンプ場(大浦崎スポーツセンター)です。
今回はより海の近くに設営してみました。キャンプ場に車は入れられませんが、一旦道に停めて荷物の搬入搬出ができるので時間短縮&体力温存が可能です♪

ただ、目の前を散歩、ジョギング、釣りなど人や車が行きかうのでキャンプ気分に浸りたい方には不向きかもしれません。
また夜中、トイレに行く人が、テントの後ろを通るのでその足音が聞こえるのは想定外でしたorz

泊まり組は3組でしたが、キャンプ場は結構広く、キャンパー同士が干渉することはありません。安い、近い、便利なので、冬のメインにしてもいいなと思いました。



今回で2019年前半の冬キャンプは終了、そろそろ春の撮影を始めようと思っているので、キャンプ再開は5月あたりになりそうです。○┓ペコ

(2019年2月16~17日)

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報